株式会社デンキチは、埼玉県下業界ナンバーワンの家電量販店を運営しています。

新着情報

ACLラウンド16第2戦 vsFCソウル

2016年05月27日

ホームでの第1戦を1-0で先勝した浦和レッズは、第2戦引き分け以上でベスト8入りが決定する。

29分、森脇のバックパスを受けた遠藤がアドリアーノにボールを奪われると、中央でフリーのデヤン ダムヤノビッチに流し込まれ、先制を許すも

90分を終えてのスコアは0-1。2試合合計1-1となり、延長戦に入った。互いにパスサッカーで好機をつくろうという姿勢を貫きながらの戦い。

すると、FCソウルは延長前半に入った94分、アドリアーノがゴールを決めて貴重な1点を追加する。

絶体絶命のレッズは延長後半の15分間にすべてを託した。すると112分、槙野のサイドチェンジを駒井が折り返し、ゴール前へ身体を投げ出した李が飛び出したGKに競り勝って同点。さらにその3分後、左サイドからのクロスに李が合わせ、今度はレッズがリードを奪った。

このままいけばレッズの勝利という116分、FCソウルは最後のオプションとして残しておいた196cmの長身DFを投入してパワープレーに出た。ロングボールを連発するFCソウルに対してズラタンも最終ラインに入っての必死の守り。だが、延長後半アディショナルタイムに入ったところでFCソウルに1点を返されてしまう。

 

第2戦は120分を終えたところで2-3。2戦トータル3-3と決着がつかず、最後はPK戦。「We are REDS!」の声がこだまする中、レッズ先行でPK戦がスタートした。

レッズは阿部、遠藤、ズラタン、森脇が連続して決め、5人目の西川が止められたが、6人目の梅崎、7人目の李が決める。FCソウルは3人目のオスマール バルバが外した後は7人目まで成功。

延長・PK戦の激闘の末、ベスト16で敗退

そして運命の8人目。駒井が止められてしまったレッズに対し、最後はFCソウルの8人目が成功。PK戦6-7でレッズのACL2016は幕を閉じた。