株式会社デンキチは、埼玉県下業界ナンバーワンの家電量販店を運営しています。

新着情報

ACLラウンド16第1戦 vsFCソウル

2016年05月20日

18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2016 ラウンド16 第1戦 FCソウル戦が、埼玉スタジアムで19:30にキックオフされた。

グループステージを突破した16チームが東西に別れて、ホーム&アウェイで争われるラウンド16がいよいよスタート。グループHを2位で通過し、2008年以来のノックアウトステージに挑むレッズは、グループF1位のFCソウルと、ホームでの第1戦に臨んだ。

2試合の勝利数が多いチームが勝ち上がるノックアウトステージだが、2試合の合計得点が同じ場合は、アウェイゴールルールが適用され、アウェイで挙げた得点が多いチームの勝ち抜けとなる。レッズは勝利を目指すと共に、いかにホームで失点を抑えるかも、勝ち抜けへのカギとなる。

試合は、14分に宇賀神の今シーズン初ゴールが決まってレッズが先制。FCソウルを上回る闘志と気迫を見せたレッズイレブンは、この1点のリードを守り切って、ホームでの第1戦を1-0で完封勝利。相手にアウェイゴールを与えず勝利したレッズは、優位な立場で第2戦に臨むこととなった。

 攻撃時は両ワイドの関根と宇賀神が高いポジションを取り、前線に5枚が並ぶ形で相手ゴールに圧力をかけていくレッズ。これに対して、3-5-2の布陣で攻撃を組み立てるFCソウルは、守備時は5バックを形成して、レッズの攻撃を待ち構える立ち上がりとなった。

序盤は両チームとも慎重な試合運びを見せたが、14分、右サイドハーフウェーライン付近から森脇が左サイドへ対角線上ロングボールを送る。これを走り込んだ宇賀神が、角度のないところから左足でダイレクトで合わせて中へ折り返すと、ボールはそのままGKの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれた。宇賀神の今季初ゴールが決まって1-0とし、レッズが幸先よく先制した。その後は、31分にコ ヨハン、32分にデヤン ダムヤノビッチと立て続けにシュートを打たれるが、いずれも西川がしっかりとキャッチしゴールを割らせず、1点をリードして前半を折り返した。

後半に入ると、興梠、李、武藤が少ないタッチ数でパス交換し、相手DFを翻弄する場面を見せるなど、前線3人のコンビネーションも冴えを見せていった。65分には武藤に代えて駒井がピッチに入ると、得意のドリブルでペナルティーエリア内に進入して思い切りよくシュートを狙うなど、持ち味を発揮していった。72分には、宇賀神に代えてズラタンを投入。1トップに据えて、興梠がシャドー、駒井が左ワイドにスライドする形でゲームを進めていった。

後半も75分を過ぎると、レッズが主導権を握って相手陣内でプレーする時間帯が長くなっていった。前掛かりになったところで高萩のカウンターを受けた場面もあったが、そこは槙野が懸命に追いかけてボールを奪取。相手にチャンスを作らせない。81分には関根に代わって梅崎が入り、左ワイドの位置で運動量豊富に上下運動を繰り返して、攻守に渡ってボールに絡んでいた。選手たちは最後まで高い集中力を維持し、1点のリードを守り切って、1-0で試合を終えた。

次戦は25日(水)、ACLラウンド16 第2戦のFCソウル戦が、ソウルワールドカップスタジアムで19時30分にキックオフされる。FCソウルにとっては、勝ち上がるために何としても得点が必要な第2戦。より闘争心を剥き出しにしてレッズに襲いかかってくることが予想されるが、その闘争心を上回るエネルギーを持って敵地に乗り込み、チーム一丸となって闘い、ベスト8進出の切符を浦和に持ち帰ろう。